「厨房のありす」第3話視聴率は4.7% 連続ダウンでシーズン最低更新

記事内に広告が含まれています。
「厨房のありす」視聴率グラフ 第3話

門脇麦主演の日本テレビ系ドラマ「厨房のありす」。
2月4日日曜に放送された第3話の世帯視聴率は4.7%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.5%。シーズン平均視聴率は5.37%。

個人視聴率は2.7%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.2%。シーズン平均視聴率は3.07%。

目次

「厨房のありす」ドラマ情報

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


親友・和紗(前田敦子)の生まれてくる赤ちゃんの名前を一緒に考え始めるありす(門脇麦)。和紗の母・明希子(阿南敦子)が言うには、親は“こういう子に育ってほしい”という気持ちを名前に込めるようだけど…「私の名前には、どんな気持ちが込められたんでしょうか…」。ありすは、自分の名前を付けてくれた母親の思いが知りたくなってしまう…。

スーパー三國谷で買い出しをするありすと倖生(永瀬廉)は、店の常連客・優奈(新井郁)の家族とバッタリ鉢合わせ。厳しい義母・陽子(円城寺あや)の前で萎縮している優奈…。一方、店長・優作(前原瑞樹)は、ありすの正直すぎる言動に困惑し、倖生に八つ当たり。「愛想が悪い」「ありすの店で足手まといになっている」と言いたい放題の優作に、何も言い返せない倖生だったが、ひょんなことからホールをひとりで回すことになり、汚名返上しようと奮起する。
そんな中、ありすは優奈の体調の異変に気付き、あるメニューを考案。息子のお受験に思い詰める常連客・優奈(新井郁)に、心護(大森南朋)は苦労だらけの子育ての思い出を話す。心護はひとりで、どうやってありすを育ててきたのか?

頑張る倖生に思わぬ疑惑がかけられる!その時、ありすは…!?
ひとりで抱え込みすぎる人の心を軽くする心護の言葉とは?
そして、五條製薬の意外な人物が、心護に会いに来て――!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 厨房のアリスは、面白くて心が
    暖かくなるドラマで、最高です、毎回楽しみにしています、東北に住んでいますが、10時30分は遅い感覚の一人が多く観たいけどみんな録画して何回も観てるそうです。ホームドラマの要素があって大好きです、時間帯が残念ですが関わるスタッフさんも含め応援しています、頑張って下さい

コメントする

目次