「CODE─願いの代償─」第5話の視聴率は5.1% 前回からダウンも固定ファンに支えられ安定推移

記事内に広告が含まれています。

「CODE─願いの代償─」視聴率グラフ 第5話

 
坂口健太郎主演の日本テレビ系ドラマ「CODE─願いの代償─」。
7月30日日曜に放送された第5話の視聴率は5.1%。

前回比-0.8%、シーズン平均視聴率は5.48%。
 

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「CODE-願いの代償-」視聴率【一覧表&グラフ推移】坂口健太郎主演ドラマ 2023年7月期の日テレドラマ「CODE-願いの代償-」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 CODE-願いの代償- 日本テレビ 日曜22:30~ 原作:台湾ドラマ「浮士德...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。
 

「俺みたいになるなよ」という言葉を残し、二宮湊人(坂口健太郎)の目の前で、自らを拳銃で撃った百田優(三浦貴大)。やりきれない思いの二宮の元に、七海悠香(臼田あさ美)を殺したという謎の男から連絡が入る。悠香のことをこれ以上調べるなと警告した男は、仲間が警察の中にいる、と告げて……。

数日後。容疑が晴れ、釈放された田波秋生(鈴木浩介)の元を訪れた二宮。疑ってしまったことを詫びながら、「CODE」にまつわるすべてのことを話すのだった。その裏で、二宮はある決意をしていた。

フリー記者・椎名一樹(染谷将太)や、ハッカーの三宅咲(堀田真由)の協力もあり、悠香が亡くなった日の夜のことが徐々に明らかになっていく。事件が起きる直前、悠香はあるデータをUSBにコピーしていた可能性が浮上し……!?

一方、三輪円(松下奈緒)は病院から連絡を受けていた。心臓のドナーが必要である息子・芯が予断を許さない状況だという。そんな円の元に、CODEから「二宮湊人を殺害して下さい」という任務の連絡が……。さらに、「任務失敗の場合 死の制裁」の文字もあり……。果たして、二宮は逃げ切ることができるのか!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次