「不適切にもほどがある!」最終回視聴率は7.9% 終盤の連続アップで終結

記事内に広告が含まれています。
「不適切にもほどがある!」視聴率グラフ 最終回

阿部サダヲ主演のTBS系ドラマ「不適切にもほどがある!」。
3月29日金曜に放送された最終回の世帯視聴率は7.9%。
前回比+0.5%。シーズン平均視聴率は7.41%。

個人視聴率は4.6%。
前回比+0.5%。シーズン平均視聴率は4.31%。

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

目次

「不適切にもほどがある!」ドラマ情報


タイムマシンバスが運行できるのも残り1往復。遂に昭和に戻る決心をした市郎(阿部サダヲ)は、令和での身辺整理を着々と進めていた。

最後のタイムスリップは落ち込んでいる渚(仲里依紗)のために使おうと決めた市郎は、秋津(磯村勇斗)やゆずる(古田新太)、井上(三宅弘城)らに別れを告げ、渚と共にバスに乗り込み昭和へ向かうのだった。

昭和に戻り、すっかり真面目な受験生となった純子(河合優実)に再会した市郎。だが、変わったのは純子だけではなく、令和に馴染んだ市郎の内面もまたアップデートしていた。

昭和マインド全開の中学校の在り様に疑問を持ちつつ、これから起こる自分たちの未来について思いをめぐらした市郎は・・・!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメント
Subscribe
通知する

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次