「下剋上球児」第7話視聴率は8.6% 2週連続で大幅ダウン

記事内に広告が含まれています。

「下剋上球児」視聴率グラフ 第7話

 
鈴木亮平主演のTBS系ドラマ日曜劇場「下剋上球児」。
11月26日日曜に放送された第7話の世帯視聴率は8.6%。
前回比-0.7%、シーズン平均視聴率は9.53%。

第7話の個人視聴率は5.8%。
前回比+0.3%、シーズン平均視聴率は6.01%。

 
視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「下剋上球児」視聴率【一覧表&グラフ推移】鈴木亮平主演ドラマ 2023年10月期TBS日曜劇場のドラマ「下剋上球児」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 下剋上球児 TBS 日曜 21時00分~ 原案:菊地高弘「下剋上球児」 キャ...
あわせて読みたい
2023秋ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年10月クール 2023年10月期の「秋ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速報...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


2017年、夏。12年ぶりに予選1回戦を突破し念願の“夏に一勝”を手にした越山高校野球部は、続いて迎えた2回戦も強豪・伊賀商業相手に善戦。しかし楡(生田俊平)のミスからペースが崩れ、惜しくも敗北を喫する。勝てた試合を逃したショックから立ち直れず、燃え尽き気味の部員たち、そして反省から熱を出して寝込んでしまう山住(黒木華)・・・。

そんな中「一勝したら戻ってきてほしい」という部員たちとの約束にこたえ、南雲(鈴木亮平)が監督に復帰することに! 美香(井川遥)も東京から戻ってくるなど力強い援軍も得て意気込む南雲は、落ち込む部員たちを奮い立たせて実戦経験を積ませるべく、次々と他校との練習試合を組んでいく。しかしその頃、予選敗退以来部活を休み続けていた楡の身に、ある問題が起こっていた。

さらに犬塚(小日向文世)と丹羽(小泉孝太郎)は、南雲の監督復帰を快く思っておらず・・・。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次