「院内警察」第7話視聴率は4.1% 大幅ダウンで右肩下がりが止まらず番組ワースト

記事内に広告が含まれています。
「院内警察」視聴率グラフ 第7話

桐谷健太主演のフジテレビ系ドラマ「院内警察」。
2月23日金曜に放送された第7話の世帯視聴率は4.1%。同番組のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.8%。シーズン平均視聴率は5.47%。

個人視聴率は2.2%。同番組のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.5%。シーズン平均視聴率は3.06%。

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

目次

「院内警察」ドラマ情報


阿栖暮総合病院院内交番の武良井治(桐谷健太)は、室長の横堀仁一(市村正親)、警視庁捜査一課の城川尚(テット・ワダ)と居酒屋に来ていた。武良井は、恋人だった夏目美咲(入山法子)の死に関して、ある疑惑をずっと探っていた。ステージⅣの胃がんだった美咲は、抗がん剤の新薬の治験に参加した2ヵ月後、突如原因不明の間質性肺炎を発症し亡くなったのだ。その新薬の治験責任医師は榊原俊介(瀬戸康史)だった。城川によれば、製薬会社側も治験患者が間質性肺炎で相次いで亡くなっていることを把握しており、内部調査を始めたらしい。武良井は、美咲が残した日記を読み直していて気付いたことがある、と切り出し、亡くなった患者たちは、肺炎の症状が出たことを黙っていたのかもしれない、と城川に告げ……。

病院内で倒れた14歳の少女・今井結依(梨里花)は、入院することになった。結依は、HLHS(左心低形成症候群)という先天的な疾患があった。武良井は、結依に頼まれて彼女を病院の屋上に連れて行く。阿栖暮総合病院に来たのも、結依の母親が榊原を頼ってのことだという。ふたりの会話を偶然聞いてしまった榊原は、妹の希(共田すず)のことを思い出す。

そんなある日、退院が決まったという清宮松雄(でんでん)が、「依頼したいことがある」と院内交番を訪ねてくる。清宮の依頼は、10年以上前に出て行った元妻を探して欲しいというものだった。さすがに院内交番の仕事ではない、と渋る川本響子(長濱ねる)に対し、「やるよ」と即決する武良井。武良井と川本は病院のデータベースを手掛かりに、清宮の別れた妻・遠藤康恵(山本道子)のもとを訪れるのだが……。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメント
Subscribe
通知する

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次