「婚活1000本ノック」第2話視聴率は2.8% 初回から大幅ダウンで衝撃の3%切り

記事内に広告が含まれています。
「婚活1000本ノック」視聴率グラフ 第2話

3時のヒロイン・福田麻貴主演のフジテレビ系ドラマ「婚活1000本ノック」。
1月24日水曜に放送された第2話の世帯視聴率は2.8%。
前回比-0.8%。シーズン平均視聴率は3.20%。

個人視聴率は1.6%。
前回比-0.3%。シーズン平均視聴率は1.75%。

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


いつも外見に惹かれて失敗してきた南綾子(福田麻貴)は、これからは男の中身を見ると宣言。「中身って、何を指して言ってんの?」という幽霊・山田クソ男(八木勇征)の質問にうまく答えられない綾子だが、「次に私を気に入ってくれた真面目な人と付き合う!」と決意する。

中身を重視する婚活について、友人の鳥羽(中越典子)とおけけ(橋本マナミ)に相談する綾子。鳥羽から提案されたのは「ペアシート婚活」。それがどんなものなのかよく分からないまま、綾子はイベントに参加する。会場にはたくさんのペアシートが並んでいた。男女二人で3分間だけ会話をし、男性が次々に交代していく。

様々な男性と交流する中で出会ったのは、顔の形がハートパイに似た男(竹財輝之助)。彼の職業は編集者だった。同じ業界の人に嘘をつくのはリスキーだと思った綾子は、自分が官能小説を書いていることを打ち明ける。引かれることを覚悟する綾子だが、綾子のぶっちゃけトークにも笑ってくれた。外見や笑い方のクセの強さは気になるものの、悪くない印象を持つ綾子。

会場から出て「近いうちにお話したい」と言う男。しかし、太陽光の中で直視した“ある部分”が気になって仕方ない綾子。
いまいちテンションが上がらない…。
その夜、ハートパイから食事に誘われた綾子は…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次