「婚活1000本ノック」第4話視聴率は2.9% 前回から微減で3%安定化へ

記事内に広告が含まれています。
「婚活1000本ノック」視聴率グラフ 第4話

3時のヒロイン・福田麻貴主演のフジテレビ系ドラマ「婚活1000本ノック」。
2月7日水曜に放送された第4話の世帯視聴率は2.9%。
前回比-0.2%。シーズン平均視聴率は3.10%。

個人視聴率は1.5%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.1%。シーズン平均視聴率は1.65%。

目次

「婚活1000本ノック」ドラマ情報

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


詐欺師男に騙されそうになった南綾子(福田麻貴)は、相手に求める条件を改めて考えることに。次に出会ったのは、モジャモジャの髪にメガネの男・大池貴司、通称「小池」(野村周平)だった。

小池と紅茶を飲みながら、綾子はさりげなく相手に求める条件をチェックする。おおむねクリアするものの、ペットボトルの飲み方をチェックするのに手こずる綾子。すると、綾子と小池の会話中に、幽霊の山田クソ男(八木勇征)が現れる。

小池はなんと年商5000億の大企業の御曹司だった。とんでもない御曹司である小池は、綾子との交際に前向きな様子。綾子の小説を読んでも引くことなく、「次号も楽しみにしています」と伝えてくれた。

しかし、担当編集の相沢(白河れい)から、次号の綾子のページが3分の1カットになってしまったと告げられる。原稿を読んだ小池は綾子に賛辞の言葉を贈る。

小池に惹かれていく綾子は、若くも美人でもない自分でいいのか、逆に自分に求める条件はないかと小池に尋ねる。何か言いかける小池だが、突然綾子の手を取って全速力で走り出す。そして、小池は真剣な口調で綾子に話し出す。これは…もしや告白!?
その時、二人の前にある人物が現れて…?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次