「コタツがない家」第6話視聴率は6.4% 3話連続アップできれいなV字回復推移

記事内に広告が含まれています。

「コタツがない家」視聴率グラフ 第6話

 
小池栄子主演の日本テレビ系ドラマ「コタツがない家」。
11月22日水曜に放送された第6話の世帯視聴率は6.4%。
前回比+0.3%、シーズン平均視聴率は6.15%。

第6話の個人視聴率は3.7%。
前回比+0.3%、シーズン平均視聴率は3.53%。
 

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「コタツがない家」視聴率【一覧表&グラフ推移】小池栄子主演ドラマ 2023年10月期のドラマ「コタツがない家」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 コタツがない家 日本テレビ 水曜22:00~ キャスト:小池栄子、吉岡秀隆、作...
あわせて読みたい
2023秋ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年10月クール 2023年10月期の「秋ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速報...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


達男(小林薫)が家を飛び出してから数日が過ぎ、以前の生活を取り戻していく深堀家。
順基(作間龍斗)は、悠作(吉岡秀隆)の実家である和菓子屋『深堀』の手伝いを内緒で始める。
店を継いでいた悠作の弟・謙作(豊本明長)は順基をゆくゆくは後継者にと考えているらしい。そのことを知った悠作は猛反対。しかし万里江(小池栄子)は、順基が本当にやりたければ反対はしないと話す。

そんなある晩、清美(高橋惠子)が、深堀家へ泊まりにきた。達男が深堀家にいたせいでしばらく来れなかったという。昔は万里江の仕事の都合で順基を頻繁に預かっていたが、今はちっとも来なくてさみしいと言い、翌日は、順基の好物だったケチャップライスを作って帰りを待つ。
ところが…順基が和菓子屋を手伝っていることを知って態度が一変!「なんで可愛い孫にあちらさんの家業を継がせなきゃならないわけ?」と激怒し、その怒りの矛先は万里江にも…。子育てを巡っての言い争いに発展してしまう。
さらにそこへ帰ってきた順基が、今まで抱えていた清美へのまさかの本音を口にしてしまい…。

一方、鬼怒川での生活を始めていた達男について、驚くべき近況が熊沢(西堀亮)から伝えられる。
深堀家に再び忍び寄る嵐の気配・・・。万里江の苦労はまだまだ続く…!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次