「マルス-ゼロの革命-」第5話視聴率は3.0% 大幅ダウンで番組ワースト更新

記事内に広告が含まれています。
「マルス-ゼロの革命-」視聴率グラフ 第5話

道枝駿佑主演のテレビ朝日系ドラマ「マルス-ゼロの革命-」。
2月20日火曜に放送された第5話の世帯視聴率は3.0%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.7%、シーズン平均視聴率は4.06%。

個人視聴率は1.8%。同作品のシーズン最低視聴率タイ。
前回比-0.3%、シーズン平均視聴率は2.28%。

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

目次

「マルス-ゼロの革命-」ドラマ情報


クロッキー社の個人情報流出を告発する動画を公開した美島零=ゼロ(道枝駿佑)ら動画集団【マルス】。しかし、一枚上手をいく國見の策により、【マルス】は”フェイク動画”を流したとして、クロッキー社から名誉毀損で訴えられることに! これまでの大人の闇を次々と暴く活躍で、若者たちから熱烈な支持を得ていた【マルス】だったが、國見によりその信頼は完全に失墜してしまうのだった…!

【マルス】へのアンチコメントも加速する中、ネット上のデマを暴くことで人気を集める動画配信者《ミスターK》が【マルス】をターゲットにしていることがわかる。《ミスターK》は、「マルスを社会から排除せよ!」と視聴者を扇動。それを受けて《ミスターK》の信者たちは、アンチコメントを量産していたのだ。この事態を受け、「借りは必ず返す。でもまだその時じゃない」と部室を後にするゼロ。他のメンバーもしばらく活動を控えようとする中、二瓶久高(井上祐貴)と桐山球児(泉澤祐希)だけは納得がいかず…?

そこへ桜明学園3年の真中凛(秋田汐梨)から「推しに殺される、助けて」と依頼が寄せられる。凛は、貢いでいたホストの円城雅(上田竜也)が怜王(中尾暢樹)にNo.1の座を奪われそうになり売り掛け(ツケ)を連発。その支払いができなくなったことで、パパ活を強いられ、それを断ったために暴行を受けたというのだ。事情を聞いた久高と球児は、【マルス】として2人だけで夜の世界の闇を暴こうと、雅のもとへ…。

その頃、自宅を訪ねた逢沢渾一(板垣李光人)に「オレ達の近くにクロッキーのスパイがいる」と告げるゼロ。久高と球児の暴走は再び《ミスターK》の標的となり、それを見たゼロは、この一連の出来事もそのスパイ=裏切り者が仕組んだことなのではないかと考える。

やがて明らかになる“裏切り者”の正体――。そして【マルス】を悲劇が襲う…!衝撃の第一部完結…!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメント
Subscribe
通知する

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次