「家政夫のミタゾノ」初回視聴率は9.1% 今シーズン1位発進も前作初回には届かず

記事内に広告が含まれています。

「家政夫のミタゾノ シーズン6」視聴率グラフ 第1話

 
松岡昌宏主演のテレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ 第6シリーズ」。
10月10日火曜に放送された第1話の視聴率は9.1%。

前作「シッコウ!!」初回比-0.5%
 

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「家政夫のミタゾノ」視聴率【一覧表&グラフ推移】松岡昌宏主演ドラマ【シーズン6】 2023年10月スタートのドラマ「家政夫のミタゾノ 第6シリーズ」。 視聴率一覧とグラフ推移を速報で更新します。 家政夫のミタゾノ 第6シリーズ テレビ朝日 火曜21:00~ ...
あわせて読みたい
2023秋ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年10月クール 2023年10月期の「秋ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速報...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


とある高級タワーマンションの一室――出勤前の夫・前田則之(本多力)から「出かけるときはメッセージを」「GPSはオンにして」と細かく注文をつけられている前田翠(松本まりか)。うんざりしながらも笑顔で聞き流していた翠だったが、則之が出かけた途端、真顔に。するとそこに、引越し業者のコスチュームを身にまとった三田園薫(松岡昌宏)、村田光(伊野尾慧)、新人家政婦の矢口実優(桜田ひより)、そして所長の結頼子(余貴美子)がやってくる。

夫からの執拗なモラハラに悩まされていた翠は、則之が会社に行っている隙に夜逃げならぬ”朝逃げ”をしようと、『むすび引越しセンター』に依頼をしていたのだ。

則之が家にいる間は荷造りができなかったため、何ひとつ梱包されていない状態にあ然とする光と実優。「私はあいつの所有物じゃない、自由になって自分の力で生きていきたい」と、熱弁をふるう翠だったが、そうこうしているうちに、則之から「家でリモートになったから今から帰る」と連絡が来てしまう…!

三田園のスキル(と怪力)で、なんとか荷物を運び出すことができた翠は、スマホと離婚届を残し、ある田舎町へと旅立つ。トラックで荷物を運んできた三田園たちがそこで目にしたのは、古民家をリフォームしたカフェと翠の新しい男・後藤礼二(細田善彦)。翠はここで、礼二と新しい人生を踏み出そうとしていたのだ!

「私がまだ結婚していることは、絶対に秘密にして」と翠から釘を差される三田園たち。『むすび引越しセンター』の”家政婦パック”で翌日までの家事手伝いを依頼された3人は、荷ほどきをする中で、翠が礼二から古民家を譲渡されようとしていることを知る。理解のある礼二との新生活は順風満帆そうに見えていたが、翌日、カフェに自治会長の上岡忠雄(螢雪次朗)がやってきたことで、事態は思わぬ方向に転がり始め…?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメント
Subscribe
通知する

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次