「家政夫のミタゾノ」最終回視聴率は7.1% 前回微減で大きな動きなく終結

記事内に広告が含まれています。

「家政夫のミタゾノ シーズン6」視聴率グラフ 最終回

 
松岡昌宏主演のテレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ 第6シリーズ」。
12月5日火曜に放送された最終回の世帯視聴率は7.1%。
前回比-0.1%、シーズン平均視聴率は7.30%。

最終回の個人視聴率は4.2%。
前回比-0.2%、シーズン平均視聴率は4.33%。

 
視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「家政夫のミタゾノ」視聴率【一覧表&グラフ推移】松岡昌宏主演ドラマ【シーズン6】 2023年10月スタートのドラマ「家政夫のミタゾノ 第6シリーズ」。 視聴率一覧とグラフ推移を速報で更新します。 家政夫のミタゾノ 第6シリーズ テレビ朝日 火曜21:00~ ...
あわせて読みたい
2023秋ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年10月クール 2023年10月期の「秋ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速報...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


森の中に佇む立派なお屋敷――桃山宗次郎(小野武彦)を当主とする桃山家に派遣されていた三田園薫(松岡昌宏)と矢口実優(桜田ひより)。長女の麗子(黒木瞳)とその夫・康介(宮川一朗太)、宗次郎の弟・哲平(有薗芳記)らが揃っての夕食を待つ中、服を真っ赤に染め、手に果物ナイフを握りしめた実優がフラフラと現れ、つぶやく。
――「私…おじいさまを殺してしまった」

遡ること数時間前、三田園と実優は迎えの人力車に乗り、桃山家へと向かっていた。小学校時代の先生である麗子に久しぶりに会えるとあって浮かれ気味の実優。家庭科教師だった麗子も、今や『和菓子のももやま』の社長の座に就いており、教え子である実優が家政婦をしていると聞いた麗子が『和菓子のももやま』新商品お披露目レセプションの手伝いを依頼したのだ。

到着した三田園と実優を見るも、会長の宗次郎をはじめ、家族の対応は冷ややか。しかし、指に盆栽の棘を刺してしまった宗次郎に素早く適切な処置を施した三田園は、その腕を宗次郎に認められ、滞在を許される。瞬時の対応で宗次郎の心を掴んだ三田園を見込んだ麗子は、「父の部屋のどこかにある木の箱を探してほしい」と依頼を。「教師時代の思い出が詰まった箱だったが、社長になるときに宗次郎に取り上げられてしまったもの」と話す麗子を探るように見つめる三田園だったが…?

そしてその数時間後、事件は起きる!

実優が注いだトマトジュースに含まれていた蕎麦粉の成分でアナフィラキシーショックを起こしたと思われる宗次郎。しかし警察を呼ぼうとする弟の秀一(村杉蝉之介)の手を止めた麗子は、「大事なレセプションを前に会長の死を公表するわけにはいかない」と話し、終わるまでは宗次郎が生きているように見せかけるしかないと宣言する!

宗次郎が残したと思われる「M」の文字を見つける三田園。家族の誰もが怪しい動きを見せる中、宗次郎の遺体が消えるというさらなる事件が…!

山奥の邸宅で起きた惨劇――果たして人気和菓子メーカーの当主を殺した犯人とは!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次