「最高の教師」第2話視聴率は5.8% 初回からややダウン

記事内に広告が含まれています。

「最高の教師」視聴率グラフ 第2話

 
松岡茉優主演の日本テレビ系ドラマ「最高の教師」。
7月22日土曜に放送された第2話の視聴率は5.8%。

前回比-0.7%、シーズン平均視聴率は6.15%。
 

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「最高の教師」視聴率【一覧表&グラフ推移】松岡茉優主演ドラマ 2023年7月期のドラマ「最高の教師」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 最高の教師 日本テレビ 土曜 22時00分~ キャスト:松岡茉優、芦田愛菜、藤崎ゆみ...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

 
「私は、何でもします」——— 3年D組全員が心の底から笑って卒業できるように、そして自分自身が1年後“生徒に殺されないため”に、この教室を変えなければならない…強い覚悟を持って『2度目の1年』に臨む高校教師・九条里奈(松岡茉優)。

前回の人生で寄り添うことができなかった生徒・鵜久森(芦田愛菜)に起きていた仕打ちを文字通り“何でもして”暴きだした九条は、教室に一つの変化の兆しを与えたのも束の間、夫・蓮(松下洸平)から離婚届を突き付けられてしまう。理由も分からないまま離婚を受け入れた前回と同じ轍は踏みたくないと思う九条。でも一体どうすれば…。思い悩む九条を、突如、目出し帽をかぶった男たちが襲う!彼らの目的とは…!?

一方、3年D組の教室は週明けから様子が一変。今まで鵜久森を無視していた生徒たちが、何事もなかったように笑顔で鵜久森に話しかけてくるのだ。奇妙なほど『普通』な教室の空気…。そんな中、親の借金に苦しめられている瓜生(山時聡真)の『ある瞬間』が気になった九条は家庭訪問と称して瓜生のアパートに乗り込む。そこで九条が見た光景は——— 。お金の価値、友情の真意を問う、涙の授業が始まる——— 。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次