「さよならマエストロ」第3話視聴率は10.9% シーズン最低更新も微減の安定推移

記事内に広告が含まれています。
「さよならマエストロ」視聴率グラフ 第3話

西島秀俊主演のTBS系ドラマ日曜劇場「さよならマエストロ」。
1月28日日曜に放送された第3話の世帯視聴率は10.9%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.2%。シーズン平均視聴率は11.13%。

個人視聴率は6.8%。
前回比+0.1%。シーズン平均視聴率は6.90%。

目次

「さよならマエストロ」ドラマ情報

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


晴見フィルでのコンサートを提案した俊平(西島秀俊)。しかし、市の圧力もあり、ホールは使えなくなってしまった。
演奏する場所をなくして晴見フィルに不穏な空気が流れる中、オケのメンバーでも演奏を巡り、口論が。
プロレベルの蓮(佐藤緋美)が、メンバーの演奏ミスなどを激しく責め立てて、大輝(宮沢氷魚)が途中で練習を抜け出してしまう。
オケ団員たちが最悪な雰囲気の中、俊平は奇想天外な場所での演奏を提案する。
そんな中、響(芦田愛菜)は上司からの命令で晴見フィルを妨害するよう言われる。
そんな姿を見ていた俊平は、響の部屋に向かう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次