「さよならマエストロ」第4話視聴率は10.6% 安定の微減ながら右肩下がりが止まらない

記事内に広告が含まれています。
「さよならマエストロ」視聴率グラフ 第4話

西島秀俊主演のTBS系ドラマ日曜劇場「さよならマエストロ」。
2月4日日曜に放送された第4話の世帯視聴率は10.6%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.3%。シーズン平均視聴率は11.00%。

個人視聴率は6.6%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.2%。シーズン平均視聴率は6.83%。

目次

「さよならマエストロ」ドラマ情報

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


響(芦田愛菜)がバイオリンを弾くところを目撃した大輝(宮沢氷魚)と天音(當真あみ)と蓮(佐藤緋美)。凌駕した技術に驚く3人。大輝は響を晴見フィルに誘う。しかし響は、演奏していたことは内緒にして欲しいと懇願。その代わりとして響はある条件を提示される。

一方、出前コンサートの会場で志帆(石田ゆり子)に会った俊平(西島秀俊)は、気になってオケの練習に身が入らない。そんな様子にドギマギしていた古谷(玉山鉄二)。実は古谷には俊平に隠していたある秘密があった。

そんな中、俊平と志帆が偶然鉢合わせてしまう。
5年ぶりに向き合った二人が話し合うこととは。
そして、そんな俊平を捜す謎の男(満島真之介)が現れ・・・!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次