「転職の魔王様」最終回視聴率は5.5% 微増が続き最終回で番組最高を更新

記事内に広告が含まれています。

「転職の魔王様」視聴率グラフ 最終回

 
成田凌主演のフジテレビ系ドラマ「転職の魔王様」。
9月25日月曜に放送された最終回の視聴率は5.5%。同作品のシーズン最高視聴率を更新。

前回比+0.2%、シーズン平均視聴率は5.05%。
 

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
2023夏ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年7月クール 2023年7月期の「夏ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング   3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


魔王様が転職!? かつての夢を前に迷う来栖(成田凌)を、千晴(小芝風花)はキャリアアドバイザーとしてどう導くのか――。来栖、千晴、『シェパードキャリア』の未来とは!?

来栖(成田凌)の商社マン時代の同期・児玉雄一郎(小関裕太)が、来栖を訪ねて『シェパードキャリア』へやって来る。エネルギー開発事業を専門に扱う商社に転職した児玉は、「俺と一緒にアフリカで働こう」と来栖をスカウト。会社は来栖のハンディキャップにも理解を示しているという。一度はあきらめた夢を再び追いかけられるチャンスに、来栖の心は揺れ動く。

そんななか、3年前に来栖が担当した滝藤航平(駿河太郎)が、37歳にして、学生時代からの夢である広告プランナーの職に就きたいと相談に来る。前回、広告代理店への転職がかなわなかった滝藤は、広告宣伝に力を入れる大手食品会社に入社するも、現在は販促イベントの雑務を担当しているという。「可能性がゼロではないなら、夢を追い続ければいい」――3年前の来栖の言葉が忘れられず、再び夢に挑戦しようとする滝藤に、来栖は思わず自分の姿を重ねてしまい…。

一方の千晴(小芝風花)は、いつもなら迷わず突っぱねるであろう、難易度の高い滝藤の転職を後押しした来栖に、違和感を覚えていた。するとそこへ再び児玉がやって来て、千晴は事故にあう前の来栖が夢を追いかけ、笑顔で働いていた話を聞く。児玉から来栖の説得を頼まれた千晴は…。

はたして、来栖はもう一度夢を追いかけるのか、それとも、キャリアアドバイザーとして求職者の転職をサポートする道を選ぶのか!? 魔王様が最後に出した答えは…!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメント
Subscribe
通知する

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次