「時をかけるな、恋人たち」第10話視聴率は2.2% 低迷脱出し次回は最終回

記事内に広告が含まれています。

「時をかけるな、恋人たち」視聴率グラフ 第10話

吉岡里帆主演のフジテレビ系ドラマ「時をかけるな、恋人たち」。
12月12日火曜に放送された第10話の世帯視聴率は2.2%。
前回比+0.3%、シーズン平均視聴率は2.25%。

第10話の個人視聴率は1.3%。
前回比+0.1%、シーズン平均視聴率は1.30%。

\ 1話から全話見られるよ /

U-NEXTU-NEXTで「#トキコイ」を見る!

 
視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「時をかけるな、恋人たち」視聴率【一覧表&グラフ推移】吉岡里帆主演ドラマ 2023年10月スタートのフジテレビ系火曜ドラマ「時をかけるな、恋人たち」。 視聴率一覧とグラフ推移を速報で更新します。 時をかけるな、恋人たち フジテレビ(カンテレ...
あわせて読みたい
2023秋ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年10月クール 2023年10月期の「秋ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速報...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

 

謎の発注ミスは壮大な辻褄(つじつま)合わせの序章!?捕まることを覚悟で、仕事をまっとうするために過去へ行こうとする廻(吉岡里帆)に、翔(永山瑛太)が出した答えは…!?

未来の情報を過去に売っていた犯人は、八丁堀(シソンヌ・じろう)だった。仲間が罪を犯したことにショックを受ける和井内(石田剛太)や天野(伊藤万理華)の前で、八丁堀は自らの背信行為を詫びる。しかし事態はそれだけにとどまらず、八丁堀が自然食品の密輸をしていた時空犯罪団をほう助していたことも判明。

そのせいで、廻(吉岡里帆)が広告ビジュアルを手掛けていた新商品『ゆずこしょうキャラメル』の柚子の価格が高騰し、急きょ、かぼすで代用することが決まる。当然、ポスターやPOPはすべて『かぼすこしょうキャラメル』で作り直さなければならない。すると廻は、何の手違いか、以前にかぼすバージョンのデザインが届いたことを思い出し、あれは未来の自分による辻褄合わせだったのだと気づく。そして自らも、ひと月前に行き、『かぼすこしょうキャラメル』のデザインを発注しようとするが、未来から監査員(津田寛治)が来ることもあり、これ以上違法トラベルをするのは良くないと天野に止められる。

廻が過去に行けば、2人は間違いなく記憶を消され、今度こそ会うことは許されない——それだけは何とか阻止したい翔(永山瑛太)もまた、廻を必死で止めるが、責任者として仕事をまっとうしたい廻は、「私たちだけが幸せになっても、意味ないから」と、翔を残してタイムボードで過去に消えてしまう。過去に戻った廻は、仕事以外にも次々と辻褄合わせをしていき…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次