「時をかけるな、恋人たち」第7話視聴率は2.3% 前回微増で安定推移をキープ

記事内に広告が含まれています。

「時をかけるな、恋人たち」視聴率グラフ 第7話

吉岡里帆主演のフジテレビ系ドラマ「時をかけるな、恋人たち」。
11月21日火曜に放送された第7話の世帯視聴率は2.3%。
前回比+0.2%、シーズン平均視聴率は2.33%。

第7話の個人視聴率は1.3%。
前回比+0.1%、シーズン平均視聴率は1.33%。

\ 1話から全話見られるよ /

U-NEXTU-NEXTで「#トキコイ」を見る!

 
視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「時をかけるな、恋人たち」視聴率【一覧表&グラフ推移】吉岡里帆主演ドラマ 2023年10月スタートのフジテレビ系火曜ドラマ「時をかけるな、恋人たち」。 視聴率一覧とグラフ推移を速報で更新します。 時をかけるな、恋人たち フジテレビ(カンテレ...
あわせて読みたい
2023秋ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年10月クール 2023年10月期の「秋ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速報...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

 

小学生の廻(稲垣来泉)は20年後の自分に会っていた!?廻(吉岡里帆)は翔(永山瑛太)を取り戻そうと暗躍するリリリー(夏子)と再び対峙!タイムトラベルを駆使して自らの過去を辻褄合わせ!

翔(永山瑛太)と恋の逃避行をした結果、若かりし日の両親を結びつけることに成功した廻(吉岡里帆)は、自身のタイムトラベルが突発的なものではなく、必然だったのではないかと考える。そこで、確証を得るため20年前の2003年に向かった廻と翔は、初恋相手の諸星(柊木陽太)にラブレターを渡せず、森のベンチで泣いている小学生の廻(稲垣来泉)の元へ。廻の記憶では、このとき隣に座って自分をなぐさめ、絵を描いてくれたお姉さんがいて、アートディレクターを目指すきっかけになったその人物こそ、未来の自分だったのではないか。つまり、そのときからタイムトラベルする未来は決まっていたのではないか…

ところが、泣いている小学生の自分をいざ励まそうとした瞬間、廻はあることに気付く。大人になって再会した諸星(ニシダ・ラランド)が、「手紙をもらって嬉しかった」と言っていたことを思い出したのだ。ラブレターは渡せなかったはずなのに…。過去と未来の矛盾に胸騒ぎを覚えた廻が少し前の時間に戻ると、なんと、宿敵のリリリー(夏子)が公園のくずかごに捨てたラブレターを拾っていた!『ずっと好きでした。大きくなってまた会ったら、けっこんしてください』——諸星のある言葉から、自分が書いたこの告白こそが、未来を変えることにつながると気づいた廻は、ある方法で辻褄(つじつま)合わせすることを思いついて…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次