「となりのナースエイド」第2話視聴率は8.8% 初回から上昇するレア推移で好調維持

記事内に広告が含まれています。
「となりのナースエイド」視聴率グラフ 第2話

川栄李奈主演の日本テレビ系ドラマ「となりのナースエイド」。
1月17日水曜に放送された第2話の世帯視聴率は8.8%。
前回比+0.2%。シーズン平均視聴率は8.70%。

個人視聴率は5.1%。
前回比+0.1%。シーズン平均視聴率は5.05%。

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「となりのナースエイド」視聴率【一覧表&グラフ推移】川栄李奈主演ドラマ 2024年1月期のドラマ「となりのナースエイド」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 となりのナースエイド日本テレビ 水曜22:00~キャスト:川栄李奈、高杉...
あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。



「私は…人殺しです」――。新人ナースエイドの桜庭さくらば澪みお(川栄李奈)は、急死の危険性もあった患者を立て続けに救ったことで、天才外科医・竜崎りゅうざき大河たいが(高杉真宙)から“何者だ?”と正体を怪しまれてしまう。
自分は人殺し…そう答える澪は、すぐに「冗談です…忘れてください」と訂正するが、大河は釈然としない様子…。

さらに、オペ室で大立ち回りを演じた澪の話はあっという間に看護師たちに知れ渡り、澪は完全にモンスターナースエイド扱い。まるで腫れ物にでも触るかのような、よそよそしい態度を取られてしまう。
そんな中、星嶺医大が誇る“超高級特別個室”に超わがままなインフルエンサーが入院。しかも冷徹な天才外科医・竜崎大河が担当医となり…統合外科にまたまたトラブルの予感⁉そのインフルエンサーは、ライバー『なしもえ』こと高梨たかなしもえ(恒松祐里)。今や配信だけにとどまらずタレントとしても活躍し、まさに人気絶頂のさなかにステージ1の膵臓ガンが発覚。幸い発見が早かったため、すぐに手術を受ければ完治が可能なのだが、何故か萌は「手術を受けたくない」と、頑なに手術を拒否。理由を聞いても、「嫌なものは嫌」の一点張り…。
手術をしないと、助かるはずの命も助からない…。本来ならば救うことが出来る命を見過ごせない大河だが、萌の説得に時間をかけている余裕もない。なぜなら、大河には日本初の事例となる大手術が控えているからだ。萌への説得は別の人に任せる方が合理的…そう考えた大河から彼女の説得を任された澪は、どうすれば萌が心を開いてくれるのか悩み始める――。

わがままなライバーが手術を拒否するワケとは?そして自分を“人殺し”と呼ぶ澪の過去に一体何が…?全く関係ないはずの2つの“秘密”が思いもよらぬ形で交差していく……。
二転三転する病院エンターテインメント、今週も目が離せない!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次