「ゆりあ先生の赤い糸」第3話視聴率は6.0% 前回からダウンで同枠ワーストを連続更新

記事内に広告が含まれています。

「ゆりあ先生の赤い糸」視聴率グラフ 第3話

 
菅野美穂主演のテレビ朝日系ドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」。
11月2日木曜に放送された第3話の視聴率は6.0%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。

前回比-0.3%、シーズン平均視聴率は6.73%。
 

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「ゆりあ先生の赤い糸」視聴率【一覧表&グラフ推移】菅野美穂主演ドラマ 2023年10月期のテレ朝ドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新します。 ゆりあ先生の赤い糸 テレビ朝日 木曜21:00~ 原作:入江 喜和『ゆ...
あわせて読みたい
2023秋ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年10月クール 2023年10月期の「秋ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速報...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

原作


「お二人のここからの3年間を、私に預けていただきたい」――

未だ昏睡状態にあり、回復の目途が立たない夫・伊沢吾良(田中哲司)の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)と“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)に向かって、3年を一区切りに同居しながら自宅介護を手伝ってほしいと切り出した主婦・伊沢ゆりあ(菅野美穂)。みちるへの敵対心をあらわにする稟久は断固拒否し、伊沢家への出入りを断念するが…。その直後、稟久から別れのキスを受けた吾良が突然目を開け、涙を流した! 心が揺らいだ稟久は、同居については一旦保留にするも、引き続き介護のため伊沢家へ通うことに。一方、経済的に困窮していたみちるは吾良の“隠し子(!?)”・小山田まに(白山乃愛)と小山田みのん(田村海夏)と共に、伊沢家で本格的な同居を開始する。

ところが…ゆりあがわずかな希望を託して始めた“新しい生活”は、想像以上にさまざまな感情がもつれ合っていく! というのも、みちる親子との同居には義母・伊沢節子(三田佳子)も義妹・伊沢志生里(宮澤エマ)も懐疑的。稟久とみちるの仲も相変わらず険悪で、一向に歩み寄る気配がなく…。

そんな七転八倒な日々の中、ゆりあ自身の生活にも新たな変化が訪れる。自宅介護用の改装で世話になった若き便利屋で、ゆりあと同じ名前の幼き息子・伴優里亜(佐藤大空)をワンオペで育てる子煩悩な父でもある伴優弥(木戸大聖)に、刺繍を教えることになったのだ! 優里亜とも対面し、心がほぐれるゆりあ。ところが…優弥がふと発した“ある言葉”に、ゆりあの心は人知れずモヤモヤし…!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメント
Subscribe
通知する

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次