「光る君へ」第5回視聴率は11.7% 微増で前回のシーズンワーストから回復

記事内に広告が含まれています。
大河ドラマ「光る君へ」第5話視聴率グラフ

NHK大河ドラマ「光る君へ」。
2月4日に放送された第5話の世帯視聴率は11.7%。
前回比+0.4%。シーズン平均視聴率は12.02%。

個人視聴率は6.8%。
前回比+0.1%。シーズン平均視聴率は7.08%。

目次

「光る君へ」ドラマ情報

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移 NHKの大型時代ドラマ「大河ドラマ」。 2019年放送の「いだてん」で58作品目を数える大人気の歴史ドラマシリーズです。   第1回「花の生涯」から第58回「いだてん」まで...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


道長(柄本佑)が右大臣家の子息であり、6年前に母を手にかけた道兼(玉置玲央)の弟であることを知ったまひろ(吉高由里子)はショックを受けて寝込んでしまう。事態を重く見た、いと(信川清順)はおはらいを試みる。一方、まひろが倒れたことを聞いた道長は、自らの身分を偽ったことを直接会って説明したいとまひろに文をしたためる。直秀(毎熊克哉)の導きでようやく再会することができたまひろと道長だったが…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次