「光る君へ」第6回視聴率は11.0% 前回からダウンでシーズン最低を更新

記事内に広告が含まれています。
大河ドラマ「光る君へ」視聴率グラフ第6話

NHK大河ドラマ「光る君へ」。
2月11日に放送された第6話「二人の才女」の世帯視聴率は11.0%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.7%。シーズン平均視聴率は11.85%。

個人視聴率は6.3%。同作品のシーズン最低視聴率を更新。
前回比-0.5%。シーズン平均視聴率は6.95%。

目次

「光る君へ」ドラマ情報

視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移 NHKの大型時代ドラマ「大河ドラマ」。 2019年放送の「いだてん」で58作品目を数える大人気の歴史ドラマシリーズです。   第1回「花の生涯」から第58回「いだてん」まで...

ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。


まひろ(吉高由里子)は道長(柄本佑)と距離を取るため、そのライバルの左大臣家で間者を続けることを決断。一方、道長は道兼(玉置玲央)の口から、まひろの母の事件をもみ消したのが兼家(段田安則)であることを知り、一家が背負う闇の深さに戦りつを受ける。そんな中、宮中で勢いを増す義懐(高橋光臣)一派に対抗するため、道隆(井浦新)は若い貴族たちを招いて漢詩の会を催すことに。参加を申し出たまひろだったが…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次