リコカツ【6話感想】ついに離婚届を…でもなんで離婚するんだったっけ?

リコカツ

TBSの金曜ドラマ「リコカツ」。

5月21日放送の第6話放送後の感想まとめ記事です。
 

ネタバレ注意!

 
咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、両親の離婚で傷ついた心を、相手の存在と雨上がりのダブルレインボーに慰められます。

うち解けてきて、どう考えても相思相愛なのに、まさに「相手を想っての離婚」に進んでいく2人。

そんな中でも咲の方が徐々に離婚にストップをかけたい様子がアリありで、思わず応援したくなる切なさでした。

紘一の優しさがリコカツに終止符をうってしまう第6話です。

 
前回(第5話)の感想はこちら。

リコカツ【5話感想】ポンコツ弁護士や嫌なヤツだらけで視聴者はお腹いっぱい
2021年4月期のTBS金曜ドラマ「リコカツ」。主演は北川景子。 5月14日放送の第5話 放送後の感想まとめ記事です。 視聴者の感想 次回・第6話(5月21日)の見どころ

 

「リコカツ」視聴率

「リコカツ」第6話の平均視聴率は5/24(月)に発表されます。

 
視聴率一覧表はこちらで速報更新しています。

リコカツ【北川景子×永山瑛太】視聴率一覧表&グラフ推移
2021年4月期のTBSドラマ「リコカツ」。 主演は北川景子。 視聴率一覧表とグラフ推移を速報で更新。 「視聴率一覧表」「グラフ推移」 最高視聴率、最低視聴率、平均視聴率など視聴率データを網羅。 多角的な切り口で視聴率を比較。

 

「リコカツ」第6話を見た視聴者の感想

ダブルレインボーと癒し

昨日もリコカツ見ました〜ほっこりシーンと面白シーン。最後はなみだ

リコカツ泣いちまったよ~
気持ちはあるのに離れてしまうあのもどかしいやつ!ひええええええええ

リコカツの瑛太くんかわいすぎるなにあのごっつんこのジェスチャー♥️かわいいしかない

 
水口家・緒原家の両親は、共に離婚届を妻がゲットして終了となってしまいました。

しかしよりによって一番奔放ぶっている咲の母・美登里(三石琴乃)に「思いがあるから離婚ってことも」と重要なセリフをつぶやかせるなんて、なかなか脚本が憎いです。

傷ついた咲と紘一は雨上がりの二重の虹を2人の結婚指輪になぞらえて癒され、ひと時幸せな時間を過ごします。

こんなに「離婚回避」の匂わせが行き届いているのに、2人は後戻りしないんですよね。

 

最後の晩餐は失敗?

離婚する理由 100個ないじゃん

リコカツ笑いと泣きの緩急が凄すぎる小説家と筑前煮女のシーンはいらないからずっと北川景子と瑛太のシーンを見てたい

水無月先生が紘一さんの真似しながら武士野郎って言ったの上手だった笑
1回目視聴の時、紘一さんが言ったのか水無月先生が言ったのか分からなかった
水無月先生にイジられる紘一さんをもっと見たい

 
咲が最後の思い出にと料理を奮闘した「最後の晩餐」は、紘一の残業よりも水無月先生(白洲迅)の乱入でめちゃめちゃになってしまいました。

水無月はどうやら家庭的には不幸な生い立ちで、幸せな新婚夫婦をやっかんでいる寂しがり屋のようですね。

でも、逆に水無月のおかげで咲は紘一の思いやりを再認識できたような感じでした。

それにしても咲も紘一も、『離婚の理由100』が5つ目から先に進まなかったのには苦笑いでした。

職場への距離とか家訓詠唱とか仕事の不規則性とか、本来のリコカツ要素はどこかに行ってしまうくらい、2人とも愛情にあふれているんですね。

 

家は売らない、でも離婚届は完了

ちょっと待って、リコカツの二人って何で離婚するんだっけ?

最後の握手には
「守りたいケド守れない自分」
って感じの悔しさが滲み出てた感じがする

リコカツつらすぎて泣いた
あと泣いてる北川景子永遠に見られるな…美しや~✨

 
カーテンの感動から新居売約は中止、主題歌「Pale Blue」が流れる瞬間に2人が抱き合って離婚も中止になるのでは…と期待していたので、リコカツコンプリートとは意外というか、残念でした。

紘一は咲への思いやりと「初志貫徹」の気持ちが強すぎるんですね。

号泣の咲は心から紘一への愛情を実感していて、あと少しで間に合ったのかもしれないと思うと気の毒です。
 

アンナチュラルのLemonといい、MIU404の感電といい、今回のPale Blueといい、あまりにもドラマに主題歌が合いすぎてるのよ…米津さん…

2番サビ~Cメロで号泣。
咲ちゃんより泣いた。

今回フル解禁!フル解禁‼︎ってワクワクしながら見ながらも、ドラマにも引き込まれて2人めっちゃもどかしいし、歯痒いし、、

何なんこの曲すっごく心にずしんとくるわ…

 
ちなみに「Pale Blue」については『米津玄師 Single「Pale Blue」Package』として、公式チャンネルから歌ナシのアーティスティックな動画の配信がありました。

フルの「Pale Blue」発売そのものは6/16とのことですが、無音とはいえ素敵なMVに期待が高まっています。

 

次回の見どころ

「リコカツ」第7話では、とうとう離婚してしまった咲と紘一に、新しい恋が始まるか否かが描かれます。

咲には青山弁護士(高橋光臣)と水無月先生、しかし先生の方は「本当は後悔しているんじゃないの?」などと、むしろ咲を復縁にあおるような雰囲気もありますね。

紘一には純が実家に乗り込んで手料理攻めの様子、父・正のことも“ワシづかみ”しそうなところは、視聴者のイライラを誘いそうですね。

 

これまでの視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた「リコカツ」放送後の感想をこちらの記事で紹介しています。

 

まとめ

正直一進一退のまま最終話まで行くだろうとおもっていた2人が、本当に離婚届を出してしまうとは意外でした。

咲もとい北川景子の号泣が痛々しかったです。

紘一のことだから間違いはないと思うのですが、ミスがあって届が取り下げになってはいないかと期待してしまいます。

次週からはリコカツではなく恋カツを匂わせるTV予告でしたが、是非早く復縁活動となってほしいところです。
 

2021年春ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2021年4月スタート
2021年4~6月期の「春ドラマ」全作品の視聴率をご紹介。 「視聴率一覧表」 「グラフ推移」 「平均視聴率ランキング」 3つの切り口で視聴率を比較。 最高視聴率、最低視聴率、平均視聴率など視聴率データを網羅。 多角的な切り口で視聴率を比較。

コメント

  1. 匿名 より:

    視聴率も大して良くないのにやたら持ち上げられてるように感じる。前作の俺の家の話のが
    断然面白かった
    北川景子の演技もお世辞にも上手いとはいえない

タイトルとURLをコピーしました