「らんまん」第25週の平均視聴率は17.3% 前週からアップで好調のまま最終週へ

記事内に広告が含まれています。

Warning: Array to string conversion in /home/uwasa555/drama-uwasa.com/public_html/wp/wp-content/themes/swell_child/functions.php on line 91

朝ドラ「らんまん」視聴率グラフ第25週

 
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」。
9月18日~9月22日に放送された第25週の週間視聴率は17.28%。

前週比+0.14%、シーズン平均視聴率は16.59%。前作「舞いあがれ!」同週比+4.54%。

 
視聴率一覧表と詳細なグラフはこちら。

あわせて読みたい
朝ドラ「らんまん」視聴率一覧表&グラフ推移【速報更新】 2023年4月スタートのNHK連続ドラマ小説「らんまん!」。 視聴率一覧表 グラフ推移 2つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 視聴率発表後、速報で随時更新します。...
あわせて読みたい
朝ドラ歴代視聴率一覧表&ランキングTOP20【NHK連続テレビ小説】 NHKの連続ドラマ小説、通称「朝ドラ」。 2019年放送の「なつぞら」で100作品目を迎えた人気ドラマシリーズです。 21世紀に入ってからの朝ドラ作品にしぼって 視聴率ラン...

 
ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

 

春らんまんの明治の世を天真らんまんに駆け抜けた植物学者・槙野万太郎(神木隆之介)の物語がはじまる―。

土佐の酒蔵・峰屋の跡取りとして生まれた万太郎(森優理斗)は草花が大好きな男の子。生まれつき病弱ですぐに熱を出して倒れてしまう。「万太郎はいっそ生まれてこなければよかった」という親戚の心ない言葉に深く傷ついた万太郎は、病床の母ヒサ(広末涼子)の制止を振りきって家を飛び出してしまう。そして、行き着いた裏山の神社で自らを「天狗」と名乗る謎の武者との不思議な出会いを果たす。

万太郎は、帝国大学植物学教室を辞し、独自の道を歩み始める。大正12年9月1日の関東大震災被災を期に、寿恵子(浜辺美波)は待合茶屋を売る決意をする。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメント
コメント通知設定
通知する

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次