罠の戦争【#9】鷲津亨の闇落ちに歴代ファン興奮「やっぱり来たか!」

記事内に広告が含まれています。

罠の戦争

フジテレビ系の月曜10時ドラマ「罠の戦争」。3月13日放送の第9話放送後の感想まとめ記事です。
 

ネタバレ注意!

 
『激動の最終章』開始ということで、鴨井ゆう子大臣(片平なぎさ)の真摯な辞任会見を追い風に、鷲津亨(草なぎ剛)は鶴巻憲一幹事長(岸部一徳)を一気に潰しにかかります。

しかし亨の勝利に見えていても、鶴巻幹事長はどこまでもしぶといんですよね。竜崎始総理(高橋克典)も味方につけて勢いづいている亨の危うさを、妻の可南子(井川遥)と視聴者だけ(苦笑)が気づいているという状況に、すごく心がザワザワしました。息子・泰生くん(白鳥晴都)も退院したのにハッピーエンドへ向かう匂いさえ見られず、亨の周囲は「罠」だらけの状況が続きます。
 

あわせて読みたい
草なぎ剛の演技力評価は?役柄へのフィット、演技の幅に高評価が多数!   草なぎ剛は映画「ミッドナイトスワン」で日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を受賞、また大河ドラマ「青天を衝け」の徳川慶喜役など、大活躍ですね。 SMAP解散以来...

 

目次

視聴率

「罠の戦争」の平均視聴率は3/14(火)に発表されます。

視聴率一覧表はこちらで速報更新しています。

 

「罠の戦争」第9話を見た視聴者の感想

亨の不敵な笑み、可南子絶句!

 
鶴巻幹事長は亨がわざとマスコミに漏らした「総理の辞任提案」の件で怒り沸騰、昏倒して入院することになります。

その後「幹事長辞任の意向」とのニュースを見た亨は不穏な笑みを見せ、可南子を怯えさせてしまいました。たしかに犬飼大臣が入院した時も、あざ笑うような姿を見せることはなかったので、幹事長と対決しているうちに亨も闇の方向へ変わってしまった模様です。

知人のパワハラ記事の隠ぺいで熊谷記者(宮澤エマ)を怒らせたシーンは、まさにかつての幹事長のようだと、ネットでも「闇落ち」説が評判です。可南子は自分が復讐をキッカケに良い方向へ踏み出し、泰生の「もう復讐は終わり」との言葉も肯定していたので、ますます亨との落差を感じているでしょうね。

 

恨まれる亨、今度は誰が犯人?

 
鶴巻は幹事長を辞したものの、後任の蛭谷(小野了)はツーカーだし虻川勝次(田口浩正)を私設秘書として従えるしで、全然負けた人のオーラはありませんでした。

しかし『鷲津亨は偽善者!』のビラを撒いた人物が鶴巻関係者ではないとしたら、亨の新たな敵は誰でしょう?今回怒らせた熊谷記者、最近干されている鷹野議員(小澤征悦)、秘書の蛯沢眞人(杉野遥亮)か貝沼永太(坂口涼太郎)…。他にも犬飼元大臣親子や場合によっては竜崎総理すら亨を陥れる可能性があり、登場人物の敵【仮】比率が多すぎてビックリです。

特に今回事務所内で眞人が亨の机を覗けるシーンがあり、兄の陳情の真相を知ってしまったのかと気になるところです。

 

次回の見どころ

月10ドラマ「罠の戦争」第10話では、鶴巻元幹事長がいうところの「恨まれ狙われる側」になった亨が、方向を見誤り権力にしがみつこうとする様子が描かれます。鶴巻や虻川が「自分ではない」と言い張るのが本当なら、亨は新たな敵を抱えているわけですが、心当たりが多すぎて困ってしまいます。

弱者を救う目標より敵を撲滅することばかりに執心する亨からは味方も離れていきそうで心配です。

 

視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた「罠の戦争」放送後の感想をこちらの記事で紹介しています。

「罠の戦争」の見逃し配信ならFODプレミアム
第1話から最新話までの全話が見放題!

お試しはこちら

 

まとめ

「復讐コンプリート」から、一気に狙われる立場となった亨。竜崎や鶴巻に踊らされ、妻の可南子や秘書たちにも心配される姿は「闇落ち」としか言いようのない様相を呈しています。

ひとことで表現すると、TV予告にある息子・泰生君のセリフ『カッコ悪いよ、今のお父さん』に尽きますね。早く権力という魔物に操られていることに気付いてほしいのですが、ドラマとしては最終回まであと2話、波乱万丈が続きます。
 

あわせて読みたい
2023冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2023年1月クール 2023年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング   3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。 最新の視聴率を速...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次