「君が心をくれたから」永野芽郁の心を押す”日下”斎藤工の言葉に「過去に何があったの?」

記事内に広告が含まれています。
フジテレビ系月9ドラマ「君が心をくれたから」

フジテレビ系の月9ドラマ「君が心をくれたから」。2月5日放送の第5話放送後の感想まとめ記事です。

ネタバレ注意!

逢原雨(永野芽郁)が祖母・雪乃(余貴美子)が余命2ヶ月と知った後でも「五感の病気」のことをちゃんと打ち明けた時には、ちょっとホッとしました。

また様々な人に支えられた「魔法」についても心がホッコリしました。「蝕覚」の喪失が待ち構えている雨ですが、珍しく幸せな涙が見られて良かったです。

冬ドラマの人気投票を実施中!
気になる作品に投票をよろしくお願いします。

目次

第5話の視聴率はいつ発表?

「君が心をくれたから」の視聴率は2/6(火)に発表されます。

視聴率一覧表はこちらで速報更新しています。

第5話を見た視聴者の感想

支えられる雨と太陽

朝野太陽(山田裕貴)は失恋・雨は嗅覚の喪失に雪乃の病気と、痛々しさが重いスタートでしたが、2人ともちゃんと周囲に見守られているんだなぁと、ホッとできる展開で良かったです。太陽は父・陽平(遠藤憲一)には振られた後も「悲しんでいたら何を置いても駆けつける」との言葉をもらい、また妹・春陽(出口夏希)は思い出の指輪を探してきてくれるという助力ぶりです。春陽の方は昔、太陽の夢を守るために雨を粗略に扱った罪悪感もあったのでしょうが、「優しい指輪の精の魔法」に欠かせないグッジョブでした。

また雨の方も、雪乃と望田司(白洲迅)のおかげで「心の扉を開く魔法」の思い出に触れ、また太陽と会うことができました。司の行動は「お節介か神対応か?」と悩むところではありますが、そんなに雨が愛されるべきキャラなのは雪乃と高校時代の太陽のお手柄なわけで、司が道化役なのも必然なのでしょうね。

すべてを魔法のせいにして

突如再会した太陽を拒絶する雨でしたが、彼女の心を最後に押したのは案内人、しかも日下(斎藤工)だったというのは興味深かったです。「今はすべてを魔法のせいにして、幸せな後悔をするべきだ」という言葉は、控えめに言っても目からウロコでした。どうやら日下は、自身が以前“奇跡”を願う立場だったようですね。

驚く相棒の千秋(松本若菜)に「今だけは幸せな道を選んでいい」と話していた貫禄から見て、案内人の仕事にも慣れている様子です。日下が誰を助けたのか、雨も将来案内人になるのかなど、興味津々ですが、最終回まで明かされないのでしょうね。

結局雨は「指輪の精の魔法」になぞらえて、太陽にずっと自分を好きでいてほしいと頼み、2人は心からのハグをします。匂いは無理でも、触覚が残っていて本当に良かったと思える幸せなシーンでした。

次回の見どころ

フジテレビ系月9ドラマ「君が心をくれたから」第6話では、太陽と雨の同棲生活に逢原3世代の家族旅行と、病気そっちのけ(?)の前向きなシーンの多いストーリーが見られます。太陽も案外ポンコツなところが多いようなので、雨とのささやかな衝突が楽しめそうです。

雨と長年の確執がある母・霞美(真飛聖)が直接何を語り合うのかも気になります。また、発見された古いボイスレコーダーと思い出が泣かせどころになる様子です。

視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた「君が心をくれたから」放送後の感想をこちらの記事で紹介しています。

「君が心をくれたから」の見逃し配信ならFODプレミアム
第1話から最新話までの全話が見放題!

\無料体験して解約もOK/

 

まとめ

案内人・日下の「幸せな後悔」という言葉が心に響いて、今後ドラマが暗くなっても支えになってくれそうな気がしています(笑)。雨の方は周りに「病気」と打ち明けたことでひとまわり明るく過ごせそうですが、それで太陽がつぶれないか心配ですよね。

あと数話どんな展開が待っているのか気になりますが、何といっても「少しでも救いのあるエンディング希望!」という感じです。

あわせて読みたい
2024冬ドラマ情報まとめ【視聴率一覧表&ランキング】2024年1月クール 2024年1月期の「冬ドラマ」視聴率をご紹介します。 視聴率一覧表 グラフ推移 平均視聴率ランキング 3つの切り口で視聴率を比較していきましょう。最新の視聴率を速報更...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次