どうする家康【26話感想】「信長を殺す」本能寺の”家康黒幕説”浮上に視聴者から驚きの声

記事内に広告が含まれています。

どうする家康 視聴率推移

2023年の大河ドラマ「どうする家康」。7月9日放送の第26話放送後の感想まとめ記事です。

歴史に詳しくない筆者が、大河ドラマ初心者の視点で感想記事を書いていくシリーズです。

ネタバレ注意!

\NHK見放題パックで歴代大河ドラマ見放題/

U-NEXT

U-NEXTで「どうする家康」を見る!

 

目次

視聴率

「どうする家康」の平均視聴率は7/10(月)に発表されます。

視聴率一覧表はこちらで速報更新しています。

あわせて読みたい
「どうする家康」視聴率一覧表&グラフ推移【速報】歴代大河ドラマと比較 2023年の大河ドラマ「どうする家康」。出演者や脚本の情報に加えて、視聴率などの放送後の情報をまとめて随時更新していきます。 視聴率一覧表 グラフ推移 2つの切り口...

 

「どうする家康」第26話を見た視聴者の感想

変わってしまった家康

徳川家康(松本潤)の髪を剃るシーンから始まりまして、あまり関係ないですが私はどうして突然髪を剃ることにしたのか気になります。高天神城の岡部元信(俳優の方わかりませんでした)が降伏を申し入れてきたのにもかかわらず、上様から言われているから受け入れるなと今までの家康から考えたら信じられない決断から始まりました。

受け取った降伏の手紙も燃やしてしまって、忠勝(山田裕貴)達が無益な殺生だと命乞いしている人を殺せないと言っているのに家康は関係ないという感じで・・・変わってしまったんでしょうか。結果、高天神城の人たちは皆殺されてしまいました。か弱さがなくなって逞しくなったという万千代(板垣李光人)、しかしほとんどの家臣達は悲しんでいるように思えました。

 

家康は何を考えているのだろうか

瀬名(有村架純)、信康(細田佳央太)が自害してしまってからすっかり人が変わってしまったような家康。いったい何を考えているのかわかりませんね。あんなに信長(岡田准一)の事を否定していたのに急に従うようになるなんて、なにか裏があるようにしか思えません。

秀吉(ムロツヨシ)と再会した家康、秀吉は家康の事をとても心配しているそうですが、秀吉も何を考えてるのかわからないですよね。秀吉は能天気な感じに見えて何か考えがあって人の考えを探りながら話しかけたりしているように見えます。秀吉は見た目とか雰囲気によらず、頭がとても良さそうです。

 

我こそは武田四郎勝頼である

ついに武田軍を徳川軍、織田軍で攻める時が来ました。「勝頼の首は俺がとる」「負けんぞ」という、忠勝と小平太のやり取りが安定のライバルという感じで安心します。

武田軍はみんな裏切っていなくなってしまったそうで・・・しかし、勝頼(眞栄田郷敦)の「たとえ一人になっても5万の敵を倒す」という言葉、絶対あきらめないという男らしい言葉がとてもかっこ良いと思いました。

武田の本陣に家康がついた時、武田信玄(阿部寛)の回想来るかなーっと思ったらやっぱり信玄が登場してくれたのでなんだか嬉しかったです。そして勝頼ですが、残ったわずかの兵に逃げろって言ったのに兵たちは逃げず勝頼についていき、最後まで戦を共にしていました。とても素晴らしい姿だと思いました。

 

家康のおもてなし

勝頼は信長の息子・信忠に討ち取られてしまいました。勝頼の首を明智光秀(酒向芳)が「蹴るなり踏みつけるなり気の済むまで存分になさいませ」といったことに対し、家康は「恨んではおりません」と、そして「死ねば皆仏」と言いました。恨んでいるのは他の誰かかと信長に聞かれたことに対して、家康の「なんのことでございましょう」は何か企んでるに違いないと思わせる、怪しさ満点でしたね。

そして信長が安土へ帰る前に、富士山を見てもらい、更におもてなしをするという事でした。当然、反対するものはあんな殿を見たくないと怒りますよね。しかし、そんな殿の事を何か考えがあるんだと信じている家臣、どんな気持ちでもてなしているのかわかるのかと反対しているものに対して怒ってくれる於愛(広瀬アリス)、家康に信じている人たちの気持ちを裏切らないでほしいと強く思いました。

 

家康の謀りとはなにか・・・?

信長に「旗に書いている文字が気味悪い」とか「陰気臭い」とか「田舎臭い」とかさんざん言われた挙句、祝いの「えびすくい」を踊る家康、初めは笑わなかった信長、家康の考えの何かを察したのでしょうか。そして、家康に続いて踊り始める家臣たち拒むこともせずに忠勝が中に入ったのをみると何かを悟ったのでしょうか。

信長は今川氏真は無能だとか伊賀の国の件で銭次第で誰にでも従う伊賀者はいらない始末しなさいとかに対して、一人残らず始末しますは本当にそんなこと思っているのか、だんだん家康が返している言葉が全て逆なんじゃないかと思えてきました。

信長へのおもてなしは大成功で終わったそうですが、こうやって何事もない平和な話の後は大体荒れますよね。信長も家康の事を「腹の内を見せなくなった化けた」と言っていたので怪しんでいる様子です。

ついに耐えきれなくて家臣達が家康に何を考えているのか尋ねてきました。すると家康は「信長を殺す」と一言・・・。面白い展開になってきましたね。

 

次回の見どころ

次回は「安土城の決闘」。

予想通りガラッと変わる展開でしたね!瀬名と信康の自害で悲しんでいる暇もなく、家康が「信長を殺す」そして「天下を取る」と家臣達に伝えました。

本能寺の変まであと46日と出ていたので運命の日まであと僅かですね。教科書でしか見たことのない本能寺の変がどのように描かれるのかとても楽しみです。

 

視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた「どうする家康」放送後の感想をこちらの記事で紹介しています。

 

歴代大河ドラマを再視聴したいならU-NEXTNHK見放題パック

U-NEXT公式サイト

 

まとめ

第26話、平和な話の後は衝撃的な話があるといイメージなので、今回信長へのおもてなしからの次回、信長暗殺計画というのはすごい展開の切り替えだと思います。とても楽しみですね。

家臣達も家康にもうついていけないというところまで来ていたので、そんな気持ちの中、天下を取るという家康の本当の気持ちを知ることが出来てより一層、家康についていこうと思えるのではないでしょうか。

そして、信長に伊賀者はすべて始末すると答えていたのにもかかわらず、半蔵(山田孝之)が来て、伊賀から100名をかくまっているという報告があった時は安心しました。

あと秀吉の弟・秀長(佐藤隆太)が登場していましたね。家康を監視させているようで、面白いことになるかもしれないと完全に怪しまれていますね。今回もとても面白い内容でした。
 

あわせて読みたい
【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移 NHKの大型時代ドラマ「大河ドラマ」。 2019年放送の「いだてん」で58作品目を数える大人気の歴史ドラマシリーズです。   第1回「花の生涯」から第58回「いだてん」まで...

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次