どうする家康【46話感想】大坂城・真田丸に苦戦する徳川軍「千姫いるのに大筒撃ち込むの」

記事内に広告が含まれています。

どうする家康 視聴率推移

2023年の大河ドラマ「どうする家康」。12月3日放送の第46話「大坂の陣」放送後の感想まとめ記事です。

歴史に詳しくない筆者が、大河ドラマ初心者の視点で感想記事を書いていくシリーズです。

ネタバレ注意!

\NHK見放題パックで歴代大河ドラマ見放題/

U-NEXT

U-NEXTで「どうする家康」を見る!

 

目次

視聴率

「どうする家康」の平均視聴率は12/4(月)に発表されます。

視聴率一覧表はこちらで速報更新しています。

あわせて読みたい
「どうする家康」視聴率一覧表&グラフ推移【速報】歴代大河ドラマと比較 2023年の大河ドラマ「どうする家康」。出演者や脚本の情報に加えて、視聴率などの放送後の情報をまとめて随時更新していきます。 視聴率一覧表 グラフ推移 2つの切り口...

 

第46話を見た視聴者の感想

徳川の姫

絵を描くのが好きな千姫(原菜乃華)、手先が器用なところ家康(松本潤)に似たんですかね。とても微笑ましいシーンの後に徳川家のシーン、最近徳川に勝とうという感じが滲み出ている会話が多いです。千姫がなんだか可哀そうです。

崇伝(田山涼成)、林羅山(笑い飯:哲夫)が豊臣が鐘に刻んだ文字について家康に解読して伝えました。家康の首をとって豊臣が世を楽しむなんて・・・そんな意味があるとわかったら戦わざるを得ないですよね。

 

徳川から天下を取り戻す

徳川への挑発と受け取った家康は、豊臣秀頼(作間龍人)には国替えをしてもらうか江戸に屋敷を持って参勤してもらう、もしくは茶々(北川景子)を人質に差し出すという条件を出しました。もちろん豊臣側はその条件を受け入れませんでした。

千姫は豊臣のやり方に不信感を持ち秀頼に尋ねますが、徳川から天下を取り戻すためにはやらなければならない事・・そう言われてしまいました。戦前の武将たちを集め宴を開いていた豊臣軍でしたが、千姫の不安は募るばかり、そんな千姫に気付いて織田信雄(浜野謙太)が一言、いい人じゃないですか。逃げるだけで何もできない人だけど、それだけあって優しい心はありますね。

 

家康の優しい心は無くなっていなかった

千姫が信雄に片桐且元(川島潤哉)が狙われていることを伝えたおかげで、片桐がだまし討ちから助かることが出来ました。しかしそのことにより、豊臣との間を取り持つ者がいなくなり家康が戦を決心しなければいけない時が来ました。

本多正信(松山ケンイチ)から徳川秀忠(森崎ウィン)に戦を任せてみては?と提案されますが、家康は秀忠に戦を覚えさせたくないと断りました。自分と同じことをさせたくない、綺麗な心を持っていてほしい、手を汚させたくないという事なんですね、やっぱり家康はとても優しいです。

 

それぞれの決意

戦前の武将たちを鼓舞する場面で、茶々の迫力は半端ないですね。茶々にあなたもと言われ、鼓舞に参加した千姫は複雑な気持ちの中、鼓舞する言葉を発言していましたが、なんだか心が痛くなりました。

徳川は30万、豊臣は10万、戦力的には徳川には勝てませんよね。それでも豊臣は家康の首がとりたくて仕方ないんですね。そういえば、どちらに付くのかと思っていましたが、真田は結局豊臣に付くんですね。

徳川軍の戦前の本陣でのシーンで渡辺守綱(木村昴)が家康にいじられてるところ、とても和んで面白かったです。


 

みんなの噂話
真田丸 天真爛漫な茶々は小悪魔なのか?茶々の呪いを竹内結子が語る 天真爛漫な姫様キャラの一方、奥底には闇を抱えているという複雑なキャラクターで描かれている茶々。ネットでは「カワイイ!」「美しい…」「怖すぎる」といった様々な反応...

 

大坂の陣

秀忠が指揮を取ろうとしていましたが、家康が「わしが指揮を執る」と言いましたね。秀忠の手を汚させたくないという決意が伝わり、今の家康は信長を見ているようだと感じました。

真田丸という真田信繁(日向亘)の策によってどんどん家康の兵が倒されていきました。そこで家康が味方を守るために孫・千姫を危険な目にあわせてでも大筒を使うという決意をしました。

大筒はとても脅威で千姫がいるから攻撃してこないだろうという事で油断していた豊臣の女たちが逃げ惑います。その攻撃により、屋根が落ちてしまいましたが、茶々が千姫を守りました。まさか茶々が助けてくれるなんて思いもしなかったので涙が止まらなかったです。


 

みんなの噂話
真田信繁が残した9つの名言・格言!義に厚い武将が残した言葉とは 真田幸村(信繁)は義を重んじた武将として有名です。上杉景勝への人質時代、そして豊臣秀吉への臣従時代に多くを学び、彼の人間性に影響を与えたと考えられます。そんな信...

 

次回の見どころ

次回は「乱世の亡霊」。

茶々が千姫を助け、気絶していました。亡くなってしまうのかと思いましたが、次回予告にいたので大丈夫だったんですね。良かったです。

しかし、千姫がそんなことがあったからなのか、徳川ではなく豊臣の勝利を願っていました。そして、登場しないと思っていた、茶々のもう一人の妹・初(鈴木杏)が登場しますね。最終決戦は「豊臣vs徳川」というより、「家康vs茶々」という構図のように感じられました。

 

視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた「どうする家康」放送後の感想をこちらの記事で紹介しています。

 

歴代大河ドラマを再視聴したいならU-NEXTNHK見放題パック

U-NEXT公式サイト

 

まとめ

第46話、大坂の陣、ついに徳川と豊臣の争いが始まってしまいました。豊臣家の人たちはもう古い人はおらず、若い者ばかりで昔の戦の辛さを知らないものが多いのだろうと思いました。

そんな者たちに、家康が戦の辛さを教えているようで、後半はとても見ていて辛かったです。
 

あわせて読みたい
【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移 NHKの大型時代ドラマ「大河ドラマ」。 2019年放送の「いだてん」で58作品目を数える大人気の歴史ドラマシリーズです。   第1回「花の生涯」から第58回「いだてん」まで...

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次