どうする家康【47話感想】大竹しのぶ北川景子ら「終盤登場の女優陣の演技が素晴らしい!」

記事内に広告が含まれています。

どうする家康 視聴率推移

2023年の大河ドラマ「どうする家康」。12月10日放送の第47話「乱世の亡霊」放送後の感想まとめ記事です。

歴史に詳しくない筆者が、大河ドラマ初心者の視点で感想記事を書いていくシリーズです。

ネタバレ注意!

\NHK見放題パックで歴代大河ドラマ見放題/

U-NEXT

U-NEXTで「どうする家康」を見る!

 

目次

視聴率

「どうする家康」の平均視聴率は12/11(月)に発表されます。

視聴率一覧表はこちらで速報更新しています。

あわせて読みたい
「どうする家康」視聴率一覧表&グラフ推移【速報】歴代大河ドラマと比較 2023年の大河ドラマ「どうする家康」。出演者や脚本の情報に加えて、視聴率などの放送後の情報をまとめて随時更新していきます。 視聴率一覧表 グラフ推移 2つの切り口...

 

第47話を見た視聴者の感想

大坂城崩壊

大坂冬の陣では家康(松本潤)が大筒を使って攻撃したことにより、大阪城が崩壊しました。その時に千姫(原菜乃華)が崩れた木材の下敷きになりかけたところを茶々(北川景子)が助けていましたね。茶々が気を失っている時、過去の回想が流れました。誰の無事を祈っていたのでしょうか。

ここまでの茶々の行い的に千姫を助けたのは恩を売って徳川から離す為なんじゃないかとか悪い方に考えてしまいました。でも本当に心配して母として助けに行っていたのか。とりあえず茶々が無事でよかったですね。

 

豊臣、徳川との和睦交渉

豊臣方の全権代表に徳川にも近いという初(鈴木杏)が選ばれました。茶々に阿茶(松本若菜)には気を付けなさいと言われていたのにもかかわらず、お菓子を食べていたのでてっきり丸め込まれたのかと思いきや、そんなことなかったですね。ちゃんと賢く、豊臣方の交渉ができていました。

そんな初に阿茶も手こずっていましたが、そんなに正信(松山ケンイチ)達は焦っておらず、秀忠(森崎ウィン)も「あとは任せて」と頼もしい感じでしたね。そして和睦で戦は終結しましたが、豊臣方はまだ勝ちにこだわっているようで対立は変わらずでした。

 

乱世を終結させるために

寧々(和久井映見)が茶々に「牢人ばかりの豊臣が徳川の代わりに世を納められると思うか」と問いました。茶々は自分の野望の為、徳川に勝とうとしている、野望は捨てて豊臣を守ってと頭を下げて寧々がお願いしたのに茶々は世の為だと言い、言う事を聞きませんでしたね。秀吉(ムロツヨシ)の時もそうでしたが寧々の言葉は説得力があるし、ちゃんと人の事、心を見ているんだと思いました。

更に乱世を終わらせるにはひたすら戦う事を求める輩がいなくならないと戦はなくならないと家康が言っていました。自分もその一人と家康が言っていましたから、そろそろ自分の終わりが見えているのかと思って寂しくなりました。

 

和議が反故になってしまった

牢人が京に火をつけ家康を怒らせてしまった、条件を吞めなければ豊臣を攻め滅ぼすと初に伝え、初と江(マイコ)で姉・茶々を説得しに向かう事になりました。その前に茶々の昔話を・・・茶々には憧れの君がいたという事でその君に裏切られたことで今の茶々になってしまったという事でした。

憧れの君とは家康の事ですよね。母・お市が大切にしていた人が茶々にとっても大切な人だったという事ですね。その母を助けに来てくれなかったが為に家康の事が憎くてたまらなくなってしまった・・・切ないです。

 

家康から茶々へ

初と江が茶々の元へ家康からの伝言を伝えにいき、その時に家康から茶々への手紙を預かってきたとの事で茶々に渡しました。受け取った後、着物へ手紙をしまった時の表情が少しうれしそうに見えました。その表情を見て、江が笑顔になっていたので少し微笑ましく思えましたね。

しかしその後、江は千姫にプレゼントを突き返され、私は豊臣の妻だと言われ、千姫の気持ちもわからなくないですが江が可哀そうだと思いました。

茶々が家康から受け取った手紙を読むシーン、手紙の内容が茶々の心に響いたんだなと思ってとても感動しました。その後、秀頼(作間龍人)に「あなたのしたいようにしなさい」と言うと、まさかの「戦がしたい」という答えとは・・・それでこそ秀吉の息子って感じですね。


 

みんなの噂話
真田丸 天真爛漫な茶々は小悪魔なのか?茶々の呪いを竹内結子が語る 天真爛漫な姫様キャラの一方、奥底には闇を抱えているという複雑なキャラクターで描かれている茶々。ネットでは「カワイイ!」「美しい…」「怖すぎる」といった様々な反応...
みんなの噂話
真田丸 イケメン豊臣秀頼は有能?無能?中川大志が語る役作り 秀吉と茶々の子であり、豊臣家の嫡男である豊臣秀頼。真田丸では、カリスマ性&イケメンな若者、さらに凛々しい佇まいを兼ね備えており、女性を中心に視聴者の間でも話題と...

 

次回の見どころ

次回は最終回「神の君へ」。

ついに徳川、豊臣の最終決戦ですね。次回予告では今までの人たちのお礼の言葉が流れていました。今になってみればあっという間でしたが、長い乱世でしたね。どんなラストが待っているのでしょうか。

 

視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた「どうする家康」放送後の感想をこちらの記事で紹介しています。

 

歴代大河ドラマを再視聴したいならU-NEXTNHK見放題パック

U-NEXT公式サイト

 

まとめ

第47話、大坂冬の陣は和睦で終わり、そんな和睦も長く続かず、大坂夏の陣が始まるのですね。今回は何を考えているのかわからなかった茶々の心が少しわかった気がしました。お市の大切にしていた家康が大切で、そんな家康が裏切ったからこそ憎くてたまらなくなってしまった。

そして、憧れの君をずっと憧れていたかった為に、秀頼を育て上げた。秀頼が戦を決意した後に茶々と大野治長(玉山鉄二)が涙していたのはどういう事だったのでしょうか。勝てない戦に挑む秀頼が男らしかったからでしょうか。結果がわかってしまっているから悲しいのでしょうか。次回も楽しみですね。
 

あわせて読みたい
【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移 NHKの大型時代ドラマ「大河ドラマ」。 2019年放送の「いだてん」で58作品目を数える大人気の歴史ドラマシリーズです。   第1回「花の生涯」から第58回「いだてん」まで...

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次