どうする家康【#5】くせ者・本多正信(松山ケンイチ)今作でもクセが強いと話題

どうする家康 視聴率推移

2023年の大河ドラマ「どうする家康」。2月5日放送の第5話放送後の感想まとめ記事です。

歴史に詳しくない筆者が、大河ドラマ初心者の視点で感想記事を書いていくシリーズです。

ネタバレ注意!

\NHK見放題パックで歴代大河ドラマ見放題/ U-NEXT U-NEXTで「どうする家康」を見る!

 

視聴率

「どうする家康」の平均視聴率は2/6(月)に発表されます。

視聴率一覧表はこちらで速報更新しています。

「どうする家康」視聴率一覧表&グラフ推移【速報】歴代大河ドラマと比較
2023年の大河ドラマ「どうする家康」。 主演は松本潤。 「視聴率一覧表」「グラフ推移」を速報更新。 多角的な切り口で歴代大河ドラマの視聴率を比較。 最高視聴率、最低視聴率、平均視聴率など視聴率データを網羅。

 

「どうする家康」第5話を見た視聴者の感想

瀬名奪還作戦!

元康(松本潤)は岡崎で穏やかな生活を送っている感じのシーンから始まりましたね。

於大の方(松嶋菜々子)とも一緒に暮らせて幸せそうですが、やっぱり瀬名(有村架純)が心配ですよね。生きていて会えるのに会えないなんて今の時代だと考えられないです。

そんな瀬名を助けるための策を家臣たちと練りますが全然思いつきません。そこで本多正信(松山ケンイチ)登場です!今回私が楽しみにしていた一人ですね!

 

イカサマ師・本多正信!

家臣たちはとても嫌っている、信用のしていない正信に望みを託し、銭を預けた元康!正信の作戦は駿府から瀬名と子供たちを盗むということでした。ほんとにそんなことできるの?と思いましたが、ここで”あの男”が登場しますね。

盗むといえば忍びの服部半蔵(山田孝之)です!自信満々に任務を引き受けてくれるのかと思いましたが引き受けてくれないんですね。

そのあと頼みを受けてくれるまでの正信の行動が面白かったですね。バラバラお金をまいた後に、武士にこだわる半蔵に武士として忍びの仕事をしてくれって、もう武士じゃないですよね。役とは違うアドリブが出るんじゃないかと思って少しハラハラしました。

 

駿府・関口家

罪人のように扱われるとはどんな扱いなんでしょうか。どこにも出られず囚われたままという感じですかね。ご飯を食べて寝ての繰り返しだったら、そりゃ食欲もなくなりますよね。

今川氏真(溝端淳平)は話が進んでいくたびに印象が悪くなります。田鶴が関口家に取り入ってなにか動きがあった場合に報告しろってことなんですね。

 

服部半蔵!伊賀者集結!

駿府への侵入前、忍びたちがばかみたいに騒いでいたので、え?この人たち大丈夫なのかなと思いましたが、ちゃんと監視とかの調査はできているんですね。さすが忍びです。

忍びが助け出しに来ると瀬名のもとにも手紙が届きました。関口家が決意して今川家を出ようとしたところへ、瀬名の顔色をうかがって田鶴がなにかあったのか聞いてきましたね。「言わないで!!」と強く思ってましたが耳打ちをしたので終わったと思ったら別な話でしたね。ほんとに安心しました。

 

作戦決行!

岡崎にて家臣たちが忍びを馬鹿にしているところへ元康が、「命がけで働いておるものを笑うな!」の言葉にはグッときました。

ついに作戦決行で駿府へ忍び込みました。忍び感すごい出てる、人数多いなとか思っていたら先制攻撃!今川に侵入することがばれていたんですね。

半蔵以外みんなやられてしまいました。命がけで半蔵を守っている姿は感動しました。でもどうしてばれたんだろうと思ったら、巴(真矢ミキ)が話してしまったんですね…。これからどうなるんでしょうか。

 

次回の見どころ

次回は「続・瀬名奪還作戦」!今度こそ瀬名を奪還することはできるんでしょうか。第5話の最後では関口家は死罪にするということで終わりましたね。奪還作戦は間に合うのでしょうか。

次の作戦は上ノ郷攻めにて、上ノ郷城・鵜殿長照の子を生け捕りにするということでした。次回も見逃せないですね。

また、次回では大鼠(千葉哲也)の娘女大鼠(松本まりか)が登場します。こちらもとても楽しみです。

 

視聴者の感想

当サイト読者の方から寄せられた「どうする家康」放送後の感想をこちらの記事で紹介しています。

 

歴代大河ドラマを再視聴したいならU-NEXTNHK見放題パック

U-NEXT公式サイト

 

まとめ

第5話も目が離せない話でした。毎回どんどん面白い展開になっていくので楽しめます。

今回は松山ケンイチ演じる「本多正信」がどんな人物だったのか、もともと全く知らない人物だったのですが、策をどんどん思いつくということは頭の良い人物だったのだろうなと思いました。その役に松山ケンイチさんも合っています。

山田孝之さん演じる服部半蔵も今回あまり見どころがなかった気がしたので、次回味方の無念を果たすために、たくさん活躍してくれると信じて次回も楽しみです。
 

真田丸 家康の参謀・本多正信は名軍師!近藤正臣が語る役作りとは
家康をうまく誘導し、卓抜な策を授ける名参謀徳川家康の軍師である本多正信。鷹匠から側近にまで成り上がった名参謀として、『真田丸』では、ときにシリアスに、ときにコミカルに描かれています。演じる近藤正臣さんが語った役作りの見どころを探るとともに、
直虎感想まとめ第41話 六左に本多正信に方久…中年が輝いた神回!
10月15日放送の「おんな城主 直虎」 第41話「この玄関の片隅で」放送後の感想まとめ記事です。この回・第41話のあらすじは、こちらで読めます。第41回のあらすじとネタバレ「この玄関の片隅で」ネタバレ注意!では、第41回「この玄関の片隅で」
麒麟がくる【第9話】視聴率と感想 今までにない信長像の演出に視聴者騒然…
2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」。 3月15日放送の第9話「信長の失敗」放送後の感想まとめ記事です。 視聴者の感想 前回の感想はこちら。 次回(第10話)の見どころ
【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移
1963年から放送が続いているNHKの大河ドラマ。 2020年は長谷川博己主演「麒麟がくる」。 歴代全作品の「視聴率一覧表」「グラフ推移」ご紹介。 視聴率ランキングに加えて、最高視聴率、最低視聴率、平均視聴率など多角的な切り口で歴代大河ドラマの視聴率データを網羅。

コメント

タイトルとURLをコピーしました