「どうする家康」第45回視聴率は11.6% 前回増で終盤に向けて上昇ムードに期待感

記事内に広告が含まれています。

大河ドラマ「どうする家康」視聴率グラフ第45話

 
松本潤主演のNHK大河ドラマ「どうする家康」。
11月26日に放送された第45話の世帯視聴率は11.6%。
前回比+0.6%。シーズン平均視聴率は11.14%。

第45話の個人視聴率は7.0%。前回比+0.5%。
 

あわせて読みたい
どうする家康【44話感想】四天王・井伊直政がナレ死どころかテロップすら出ず退場の衝撃 2023年の大河ドラマ「どうする家康」。11月19日放送の第44話「徳川幕府誕生」放送後の感想まとめ記事です。 歴史に詳しくない筆者が、大河ドラマ初心者の視点で感想記事...

 
視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「どうする家康」視聴率一覧表&グラフ推移【速報】歴代大河ドラマと比較 2023年の大河ドラマ「どうする家康」。出演者や脚本の情報に加えて、視聴率などの放送後の情報をまとめて随時更新していきます。 視聴率一覧表 グラフ推移 2つの切り口...
あわせて読みたい
【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移 NHKの大型時代ドラマ「大河ドラマ」。 2019年放送の「いだてん」で58作品目を数える大人気の歴史ドラマシリーズです。   第1回「花の生涯」から第58回「いだてん」まで...

 
ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

目次

視聴者の感想記事

 

第45回のタイトルは「二人のプリンス」。

関ヶ原で敗れ、牢人となった武士が豊臣のもとに集結していた。憂慮した家康(松本潤)は、秀頼(作間龍斗)を二条城に呼び、豊臣が徳川に従うことを認めさせようとする。

しかし、初めて世間に姿を見せた秀頼の麗しさに人々は熱狂。脅威を感じた家康は、秀忠(森崎ウィン)の世に憂いを残さぬためにも、自らの手で豊臣との問題を解決しようとする。

そんな中、豊臣が大仏を再建した方広寺ほうこうじの鐘に刻まれた文言が、大きな火種になる!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次