「どうする家康」第46回視聴率は11.6% 前回から横ばいで最終盤に期待感

記事内に広告が含まれています。

大河ドラマ「どうする家康」視聴率グラフ第46話

 
松本潤主演のNHK大河ドラマ「どうする家康」。
12月3日に放送された第46話の世帯視聴率は11.6%。
前回比±0.0%。シーズン平均視聴率は11.15%。

第46話の個人視聴率は7.0%。前回比±0.0%。
 

あわせて読みたい
どうする家康【46話感想】大坂城・真田丸に苦戦する徳川軍「千姫いるのに大筒撃ち込むの」 2023年の大河ドラマ「どうする家康」。12月3日放送の第46話「大坂の陣」放送後の感想まとめ記事です。 歴史に詳しくない筆者が、大河ドラマ初心者の視点で感想記事を書...

 
視聴率一覧表とグラフ推移はこちら。

あわせて読みたい
「どうする家康」視聴率一覧表&グラフ推移【速報】歴代大河ドラマと比較 2023年の大河ドラマ「どうする家康」。出演者や脚本の情報に加えて、視聴率などの放送後の情報をまとめて随時更新していきます。 視聴率一覧表 グラフ推移 2つの切り口...
あわせて読みたい
【大河ドラマ】歴代視聴率ランキングTOP20 視聴率一覧表&グラフ推移 NHKの大型時代ドラマ「大河ドラマ」。 2019年放送の「いだてん」で58作品目を数える大人気の歴史ドラマシリーズです。   第1回「花の生涯」から第58回「いだてん」まで...

 
ビデオリサーチ調べ、リアルタイム(関東地区)の視聴率。
平均視聴率は単純平均。

目次

視聴者の感想記事

 

第46回のタイトルは「大坂の陣」。

豊臣家復活を願う方広寺の鐘に、家康(松本潤)を呪う言葉が刻まれたという。家康は茶々(北川景子)が徳川に従い、人質として江戸に来ることを要求。激怒した大野治長(玉山鉄二)は、両家の仲介役・片桐且元(川島潤哉)の暗殺を計画。

家康はついに14年ぶりの大戦に踏み切る。全国大名に呼びかけ、30万の大軍で大坂城を包囲、三浦按針(村雨辰剛)に用意させたイギリス製大筒を配備。そんな徳川の前に真田丸が立ちはだかる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次